2020.11.06

周東佑京「バッティングを捨てたくない」。
世界記録達成まで苦しんでいたこと

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • photo by Kyodo News

「投」なら金田正一、「打」なら王貞治、「走」なら福本豊が、日本プロ野球界における記録の御三家だ。いずれも今の野球とは異質な時代に打ち立てられたものであり、だからこそ、この3人に数字で太刀打ちするなど不可能だと思っていた。

 だが、それは覆された。いつの世も「絶対無理」という言葉は存在しないということを、ソフトバンクの周東佑京(しゅうとう・うきょう)が教えてくれた。

13試合連続盗塁の世界記録を更新したソフトバンク周東佑京 福本氏が1971年と1974年に記録した11試合連続盗塁の記録に、10月28日のロッテ戦(ペイペイドーム)で46年ぶりに並ぶと、翌日の同カードの初回にいきなり二盗を決めて日本新記録を打ち立てた。

 走るたびに期待は高まり、日を追うごとに注目度は増していった。しかし、周東自身は「福本さんは雲の上の存在。並べるなんて思っていませんから」と、一貫して平常心を強調していた。それでも日本記録がかかった試合当日は、さすがに緊張していた。

「塁に出られなかったらどうしよう......とか、試合前は余計なことをいろいろと考えてしまいました」

 早いうちに走って楽になりたいと考えていたところ、初回に二塁への内野安打で出塁。これ以上ないチャンスで、2番・中村晃の2球目にスタートを切って、見事に成功をおさめた。

「僕のなかでは50点ぐらいの盗塁でした」

 厳しめの自己採点だ。しかし、ふと思い直したのか、言葉を継ぐ。

「いつもそれぐらい。だけどそう考えたら、いつもどおりいけた(スタートできた)のかなと思います。焦らず、気負いすぎず、いつもどおりに走れたと思います」

 周東はその翌日の西武戦でも7回に二盗を成功させ、13試合連続盗塁を達成。これで1969年にバート・キャンパネリス(アスレチックス)が成し遂げたメジャー記録をも上回り、事実上、世界記録保持者となったのだ。