2020.06.23

じつは捕手防御率が12球団トップ。
楽天・太田光は「ポスト嶋」の最右翼

  • 田口元義●文 text by Taguchi Genki
  • photo by Koike Yoshihiro

 プロ2年目ながらオリックスとの開幕戦でスタメンマスクを勝ち取った楽天の太田光は、まずは打撃でアピールに成功した。

 2回に犠牲フライで先制点を演出。先頭で打席に立った同点の8回には、勝ち越しの口火となる二塁打を放った。打者一巡で迎えた第4打席でも2本目の犠飛を記録し、2打数1安打2打点と仕事を果たした。

開幕スタメンを果たしたプロ2年目の楽天・太田光「野球をやっている以上は、バッティングは永遠の課題なんで。その日だけじゃなくて、コンスタントに打ち続けられるようにしていきたいですね」

 昨シーズン終了後、そう語っていた太田を思い出す。

 昨今、ソフトバンクの甲斐拓也や広島の會澤翼など、パンチ力のある「打てる捕手」に注目が集まるが、一般的に正捕手の及第点は「打率2割5分」とも言われている。

 昨年、打率2割1分9厘と振るわなかった太田本人も、その基準を満たさなければレギュラーにはなれないと自覚している。

 裏を返せば、太田は守備に手応えを抱いているからこそ、打撃を磨けば正捕手が近づくといった意欲も垣間見える。

 ルーキーイヤーの昨年、太田は守備で一軍での立ち位置を確立した。

 楽天で長く正捕手を務めていた嶋基宏の故障もあって、6月の一軍昇格からはチームで2番目に多い55試合に出場。限られた出番ながら盗塁阻止率は3割8分9厘と、高い数字を叩き出した。