2020.06.19

開幕投手・山岡泰輔はSNSも活用して進化。
憧れの先輩のアドバイスも糧に

  • 佐久間秀実●取材・文 text by Sakuma Hidemi

――昨年は、シーズンで活躍したあとに侍ジャパンのメンバーとして「プレミア12」を戦いました。普段とは違うリリーフでの登板はいかがでしたか?

「ブルペンに立つまでの準備の仕方が違うので難しさもありましたが、楽しさとやり甲斐を感じました。もう一度リリーフをやってみたいとも思いましたけど、もちろん先発でも投げてみたいです」

――海外チームのバッターと戦って、印象に残っている点は?

「パワーはもちろん、反応も違いますね。速いボールだけでなく変化球にもしっかり反応してうまく拾う。日本では詰まるようなボールでも、海外のバッターはホームランにする能力があるなと思いました」

――「プレミア12」では、山岡選手の憧れでもある楽天の岸孝之投手とも一緒に戦いましたね。

「すごくうれしかったです。いろいろなことを話すことができて、練習方法や、少しですが変化球の投げ方なども教えていただきました」