2020.06.18

開幕投手・東浜巨のデビュー時から
変わらない気持ち。「僕の持ち味」

  • 田尻耕太郎●文 text by Tajiri Kotaro
  • photo by Kyodo News

 パ・リーグの球団として、史上初の4年連続日本一を目指すソフトバンクの開幕投手を務めるのは、プロ8年目の東浜巨だ。当初予定されていた3月20日の開幕戦もマウンドに立つはずだったが、新型コロナウイルスの影響によりシーズンスタートが延期。開幕投手もいったん白紙に戻ったが、工藤公康監督に「自主トレ期間中も気持ちの入り方が違うように見えた」と認められ、再び指名された。

 6月12日に広島との練習試合で先発した東浜だったが、初回、先頭打者の打球が左太ももを直撃。幸い大事には至らなかったが、予定よりも早い降板となった。だがその翌日、東浜はPayPayドームのグラウンドで元気に調整していた。練習後、自身初となる開幕投手への思いなど、たっぷり語ってくれた。

自身初の開幕投手を務めることになったソフトバンク東浜巨── 足の状態が心配ですが?

「だいぶ痛いです(苦笑)。でも、打撲なので。筋肉への影響もないし、骨にも異常はありません。大丈夫だと思います」

── 予定よりは短いイニングになりましたが、打球を受けたあとも続投しました。

「当たった時も骨ではないとわかっていたので、我慢すれば投げられると思いました。大事をとって早めの降板になりましたが、いいボールが増えているのは間違いないと感じました。ただ、あともう少しの部分があるので、投げたかったですけどね......それでも(6月)6日の練習試合で75球を投げたし、スタミナは問題ないと思います」