2020.04.08

目指すは「マシンガン打線」。ベイV戦士の
鈴木尚典が新球団で恩返し

  • 白鳥純一●文・写真 text & photo by Shiratori Junichi

 プロ野球の独立リーグ、ルートインBCリーグ(以下、BCリーグ)に、2020年シーズンから新規加入することが決まった神奈川フューチャードリームス。3月15日に開催された体制発表会には、鈴木尚典監督、GMの山下大輔、球団アドバイザー兼コーチの荒波翔らを含め、選手やスタッフの全員が参加した。

神奈川フューチャードリームスの(左から)山下GM、鈴木監督、荒波球団アドバイザー兼コーチ 当初はラゾーナ川崎でのファン参加型イベントを予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で「報道陣限定公開」に形式を変更。場所も藤沢市内に移して行なわれた会見で、球団代表の藤本伸也は高らかに目標を宣言した。

「神奈川県は野球が盛んでファンも多い地域。ひとりでも多くの人材をNPB(日本野球機構)に送り出し、たくさんの人に応援される球団になりたいと思っています。そして、どこのチームも達成できていない、リーグ参入初年度の優勝を目指していきたい」

 続いて鈴木監督は、「投手、野手ともにレベルの高い選手が集まってくれました。私は打者出身ということもあり、かつての(横浜ベイスターズの)"マシンガン打線"のような、得点を取れる野球をして優勝を目指します」と意欲を語った。

 鈴木監督の背番号は、首位打者を2回獲得するなど活躍した現役時代と同じ「7」。2008年に引退後、解説者や横浜DeNAベイスターズのジュニアチームの監督を経て「現場復帰」を果たした。そんな1998年のV戦士が指揮を執る神奈川フューチャードリームスには、元NPB選手から硬式野球未経験者に至るまで、バラエティー豊かな面々が揃った。