2020.03.30

DeNA櫻井周斗をラミレス監督が高評価。
驚くほど投球内容が変わった

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Koike Yoshihiro

 3年目のサウスポー櫻井周斗(DeNA)は、試行錯誤しながら自分と向き合ってきた。

「自分はどんなピッチャーになりたいのか?」

 オープン戦では3度の先発を含み、4試合でチャンスをもらったが、9イニングを投げて7つの三振を奪ったものの、被安打8、四球14個、防御率4.82と決して芳しいものではなかった。

3年目のブレイクが期待されているDeNAの櫻井周斗 通常であればファームでの調整を言い渡されてもおかしくはないが、ラミレス監督はことあるごとに「ストレートは150キロを超えているし、ポテンシャルは高い。それに球種のコンビネーションをもうちょっと見てみたい」と、櫻井に強い興味を示していた。

 たしかに投球内容を見ると、昨年までとはまったく違うピッチャーになったといっても過言ではない。以前の櫻井はストレートを軸にスライダーとチェンジアップで勝負するピッチャーだったが、今季の内容はストレートとスライダーの使用を減らし、カットボール、チェンジアップ、ツーシーム、そして昨季は1球も投げていないというカーブを組み合わせバッターと対峙している。

 櫻井はこのドラスティックな変化について次のように教えてくれた。

「昨年のデータをアナリストさんに見せてもらいコーチと話した結果、被打率の高いボールを減らし、打たれないボールを増やしていくということになりました。結果、指標的によかったチェンジアップやツーシーム、そして練習をしてきたカーブがものになってきたので使っていこうと」