2020.03.31

暴力を経験した元プロ野球選手が考案。
「野球ドリル」で小学生を育てる

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Sankei Visual

 尽誠学園から法政大学という野球エリートの道を進み、アメリカ独立リーグを経てプロ野球選手になった田中聡。アマチュア時代にもプロでも暴力の洗礼を受けた彼は、現役を引退したいま、英語を公用語とする日本初のリトルリーグのチーム「東京広尾リトル」の事務局長を務めている。さまざまなカテゴリーの野球を経験した末に編み出した指導法とは。

* * *

 1977年8月、滋賀県に生まれた田中聡は、尽誠学園(香川)に"留学"し、甲子園を目指した。その田中が言う。

「監督だった大河賢二郎さんはちょっと変わった指導をする方でした。先輩に伊良部 秀輝さん(元ニューヨーク・ヤンキースなど)がいることからもわかるとおり、尽誠学園は意外と自由な雰囲気でした。上下関係は厳しくて、選手間の生存競争は激しかったですけどね。もちろん規律を破った選手は罰を受けていましたけど、驚くほどのことではなかった」

2000年のドラフト7位で日本ハムに入団し、阪神でもプレーした田中聡 親元を離れて寮生活を送る選手が多い野球部では、私生活の管理責任も指導者が負うことになる。全員がルールを守れればいいのだが、何かと問題が出てくる。

「悪いことをしたら罰があるということを教えるのも教育ですよね。口で注意してわかる選手ばかりではありませんから。野球部の生活のなかで、世の中のルールを教えてあげなくてはいけない。そういう野球部は日本中にたくさんあるはずです」