暴力を経験した元プロ野球選手が考案。
「野球ドリル」で小学生を育てる

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Sankei Visual

 その級に必要な技術が明示されていれば、取り組むべき練習メニューもわかりやすい。できることが増えていくたびに昇級すれば、「もっと、もっと」と思えるはずだ。自分に足りないものはなんなのか、どうすればチャンスをつかめるのかがわかれば、選手はおのずと奮起する。

「誰にでもわかる評価基準があれば、『どうしてうちの子を試合に出さないんだ』というクレームもなくなるでしょう。『だって、まだ3級だから』と答えればいい。『1級になれば、試合に出られますよ』と言えますから。

 野球そのものも、野球の技術も体系化されていないし、これまでは基準がなかったんだと思います。でも、採点競技だと考えれば、そう難しくない。フライを捕る、ゴロを捕るというところからドリルは作っています。10 級から1級まで上がった時には、全部のポジションを守れるようになっていて、1級以上からが選手コースになります」

 アマチュア時代に暴力を受け、プロでもコーチと殴り合いをした田中は、野球界の暴力についてどう考えるのか。

5 / 6

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る