2019.11.11

岡本和真が秘めていた究極の打者像。
高校では本塁打への執着を捨てていた

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

あの時もキミはすごかった~巨人・岡本和真編

10月17日、ドラフトで阪神から2位指名を受けた履正社・井上広大は、報道陣から「目標とする選手は?」と問われると、ライバル球団である巨人の若き4番の名前を挙げた。

「岡本和真選手です」

 高卒出身の右の長距離砲で、同じ関西出身。昨年、プロ入り4年目で一軍のレギュラーとなると、史上最年少で3割、30本塁打、100打点をマーク。今年も相手バッテリーから徹底マークにあい、打率.265と苦しんだが、それでも31本塁打、94打点の成績を残し、4番として5年ぶりのリーグ制覇に貢献した。

智弁学園時代、高校通算74本塁打を放った巨人・岡本和真 井上の会見を聞きながら、智弁学園(奈良)時代の岡本のことを思い出していた。

 高校2年の秋から取材する機会が増え、バッティングの技術的なことや、理想の選手についてなど、いろいろと話を聞いた。そのなかで、岡本の口からよく出てきた名前が、中村剛也(西武)だった。

 右の長距離砲で、やはり関西出身。中村は、岡本の小学生時代から球界を代表するホームランアーチストとして活躍しており、そのバッティングに自然と惹かれるものがあったのだろう。

 昨年のオフ、岡本は志願して中村と自主トレを行なったが、高校時代からYouTubeなどの動画で中村のバッティングをよく見ていたと話していた。