2019.10.15

投打で「左王国」のDeNA。ドラフトは
目玉右腕と右の強打者が必要だ

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

チーム事情から見るドラフト戦略〜DeNA編

 10月1日に発表されたDeNAの”戦力外通告”のメンバーを見て、アッと思った。このなかに4人の右打ちの野手がいたのだ。松尾大河、狩野行寿(ゆきかず)、中川大志、青柳昴樹(こうき)である。

 もともと粒ぞろいの左打者に比べて、右打者は質、量ともに不足しているというのに、4人も退団となれば、今年のドラフト戦略は右打ちの強打者である。そして投手は、右の本格派がほしい。これこそがDeNAの補強ポイントである。

夏の甲子園でチームを準優勝に導いた星稜・奥川恭伸 まず右打ちの強打者からいきたいが、これがなかなか難しい。今年だけに限ったことではない。イチローや松井秀喜が登場してから、一気に右投げ左打ちの選手が増えたように思う。実際、高校野球を見ていても、左打ちの好打者は多く見かけるが、右打者は少ない。さらに、打つだけじゃなく、ある程度走れて、守れて……となると、極端に減ってくるのが現状だ。

 そんななか、今年は石川昂弥(たかや/東邦)という将来性豊かな右打ちの野手がいる。三塁手には宮崎敏郞という看板選手が君臨するが、いつまでも……というわけにはいかなし、石川2年目あたりから一軍で使えるメドが立ってくれば、いろんな戦術が成り立つ。

 もし石川が獲得できなれければ、紅林弘太郎(駿河総合)はどうか。身長186センチの大型遊撃手だが、セールスポイントはフィールディング。下半身の動きが柔軟で、グラブさばきが器用。守備ができれば、二軍の試合にスタメンで使うことができるから経験が積めて、バッティングの向上も見込める。松尾が退団して、将来のレギュラー候補の遊撃手の見通しが立たなくなった今、紅林は面白い存在だと思う。

 外野手なら、大学生の中村健人(慶応大)か蝦名達夫(青森大)を推したい。ともに、まだ荒削りな部分はあるが、強肩、快足の持ち主で、ここ一番の場面で打てる勝負強さを兼ね備えている。一級品の身体能力と勝負根性は、今回のドラフト候補のなかでもトップクラスだ。3~4位ぐらいでまだ残っていれば、確実に獲得したい逸材である。