2019.10.15

岡田彰布から鳥谷敬へエール。
「チームを強くする無形の財産がある」

  • 服部健太郎●文 text by Hattori Kentaro
  • photo by Kyodo News

「2003年の秋、星野(仙一)さんのあとを受けてタイガースの監督に就任した直後のドラフトで鳥谷を自由枠で獲得できた時、『これでショートは10年大丈夫』と思ったよ」

 そう話すのは、2004年から2008年にかけて阪神タイガースの監督を務めた岡田彰布氏だ。

「でも実際は10年どころじゃなかった。しかも、ショートというポジションで2000本安打まで達成して……自分が思っていた以上にやってくれた。入団時の期待ははるかに超えたよ」

 今シーズンをもって、阪神を退団することが決まった鳥谷敬。早稲田大の後輩でもある教え子への思いを、虎のレジェンドが語った。

現役続行を希望し、今シーズン限りで阪神を退団する鳥谷敬 (NPBで)歴代2位の1939試合連続出場というすばらしい記録を打ち立てた鳥谷やけど、体が強いという評判は大学の頃から耳に入っていた。大学でも1年春からフル出場。体が強いことの最大のアドバンテージは、ケガをしにくく、たくさん練習できるということ。だから成長できる。プロとして生きていくうえで、これが一番大事。財産よ。

 鳥谷に関しては、入団時から守備はまったく心配していなかった。肩はそれほど強い方じゃないけど、とにかくスローイングが正確。聞くところによると、大学の時も一度も送球ミスがなかったらしい。「捕球したらもう大丈夫」という内野手は、ベンチからしたら本当に心強い。だから、1年目からショートで使うことに関して、なんのためらいもなかった。

 その一方で、苦しむと思ったのがバッティング。一軍の投手との対戦を重ねることで徐々に成績は上がってくると思ったけど、ショートなら2割5分で十分やと思ってたよ。だから「3割を狙え」とか一度も言ったことないし、打つ方に関してはそんなに多くを求めなかった。ホームランもそんなに打つイメージはなく、多いシーズンでもせいぜい15本ぐらいかなと……。左バッターには不利な甲子園が本拠地やしね。

 ショートというポジションで打率3割以上を3回もマークし、20本塁打打った年もあるわけやから。そら、もう期待以上よ。