2019.04.02

岡林洋一はデストラーデに2被弾。
「どうやって抑えればいいんだ!」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(19)
【初戦先発】ヤクルト・岡林洋一 前編

(前回の記事はこちら>>)

 四半世紀の時を経ても、今もなお語り継がれる熱戦、激闘がある。

 1992年、そして1993年の日本シリーズ――。当時、”黄金時代”を迎えていた西武ライオンズと、ほぼ1980年代のすべてをBクラスで過ごしたヤクルトスワローズの一騎打ち。森祇晶率いる西武と、野村克也率いるヤクルトの「知将対決」はファンを魅了した。

 1992年は西武、翌1993年はヤクルトが、それぞれ4勝3敗で日本一に輝いた。両雄の対決は2年間で全14試合を行ない、7勝7敗のイーブン。両チームの当事者たちに話を聞く連載の10人目。

 第5回のテーマは「初戦先発」。前回の西武・渡辺久信に続き、熱戦の幕開けとなった1992年のシリーズ初戦で先発を務めたヤクルト・岡林洋一のインタビューをお届けする。

1992年の日本シリーズ初戦で完投勝利を挙げた岡林(左)と、サヨナラ本塁打を打った杉浦享(右)photo by Sankei Visualプレッシャーはまったくなかった

――スワローズとライオンズが激突した1992年、1993年の日本シリーズ。その幕開けとなる1992年第1戦の先発マウンドを託されたのが岡林さんでした。

岡林 ずいぶん前のことですよね。「10年ひと昔」というのに、四半世紀も前の出来事で、もう「平成」も終わろうとしているんですからね(笑)。

――まずは14年ぶりのリーグ優勝を決めた1992年のペナントレースについて伺います。当時、岡林さんはプロ2年目。15勝10敗、防御率2・97という成績を残しています。

岡林 ルーキーの年の終盤に「来年のために」ということで3試合先発をしたんです。もともと「プロでも先発したい」と思っていたので、「このチャンスを逃さないぞ」と投げて2勝したことで、1992年は手応えを感じた状態でシーズンインしました。そのシーズン中、チームは9連敗を喫したりしましたけど、ずっと混戦が続いていたので「優勝できるかも」という気持ちで戦っていましたね。

――1992年10月10日、チームは甲子園球場で14年ぶりの優勝を決めました。それからわずか1週間後の10月17日には日本シリーズが開幕します。「初戦先発」はいつ頃、どのタイミングで告げられたのですか?

岡林 10月10日の優勝した試合は荒木(大輔)さんが先発でしたけど、僕は11日に先発予定だったんです。だから感覚としては、中6日で次の登板に備えるようなイメージでした。ただ、正式にいつ、どのタイミングで先発を告げられたのかというのは、記憶がないです。覚えているのは、「セ・リーグの代表として恥ずかしくないピッチングをしなければならない」という思いだけですね。

――大事な試合のマウンドを託されたというプレッシャーはありませんでしたか?

岡林 プレッシャーは全然なかったです。むしろ、楽しみのほうが大きかったですよ。当時の西武はとても強かったですから、「恥ずかしくない試合をする」ということだけを考えていましたけど、それはプレッシャーではなかったですね。