2019.04.03

岡林洋一VS打者・石井丈裕。
勝負を決めたのは石毛宏典の声だった

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(20)
【初戦先発】ヤクルト・岡林洋一 後編

(前回の記事はこちら>>)

第4戦で、ようやくデストラーデの抑え方をつかんだ

――岡林さんの完投勝利で初戦を制したスワローズでしたが、第2戦、第3戦を落として1勝2敗で迎えた第4戦。中4日で再び、岡林さんが先発に指名されました。これは、いつ、どのタイミングで告げられたのですか?

岡林 確か、初戦を終えた次の日(10月18日)に、「中4日で第5戦に先発だ」と告げられたと思います。

1992年の日本シリーズで3度先発を務めた岡林 photo by Sankei Visual――この年のシリーズは、10月20日に行なわれるはずだった第3戦が雨天順延となり、岡林さんが投げる予定だった「第5戦」は23日開催となりました。しかし、スライド登板はせず、「中4日」で22日の「第4戦」に投げることになったわけですね。

岡林 そうです。投げる日にちは変わらず、ローテーション通りの先発でした。中4日ではあったけれど、元々そのつもりでしたから調整は難しくはなかったです。結果的に、僕は第7戦にも先発しますけど、もしも、雨天順延がなければ、第1戦と第5戦の先発だけだったと思います。もちろん、状況によっては第6戦、7戦でのスクランブル登板も頭にはありましたけど。

――この日は西武球場(現・メットライフドーム)での登板でした。前回は神宮球場でしたが、ホームとビジターでの登板において心境の違いなどはありますか?

岡林 それはホームのほうがいいですよ。サヨナラ勝ちがあるのか、サヨナラ負けの可能性があるのかで、だいぶ気持ちは違いますからね。お客さんだってホームのほうがファンの数も多いわけだし。でも、僕はビジター球場で、たとえば東京ドームとか甲子園球場でピシャッと抑えたときに、相手ファンがシュンとする瞬間が好きだったんですけどね。でも、日本シリーズの場合はちょっと違っていましたけど。

――この日の調子はいかがでしたか?

岡林 調子はよかったですよ。相手のライオンズの先発が地元・高知のひとつ上の先輩である渡辺智男さんでしたから。やっぱり、いいピッチャーと投げ合うときは楽しみなんですよ。4回に秋山(幸二)さんにレフトにホームランを打たれましたけど、これはツーボールからストライクをほしがって甘くなった一球でした。でも、それ以外は思い通りに投げられたし、この試合の第2打席だったかな? ようやく、デストラーデの抑え方をつかんだんです。