2019.02.08

清宮幸太郎インタビュー。ホームランへの
こだわり、父、そしてイチロー

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • photo by Sportiva

 清宮幸太郎のプロ2年目がスタートした。ルーキーイヤーの昨年はキャンプで右手を痛め、オープン戦期間中には局限性腹膜炎で入院するなど、波乱のスタートとなった。それでも二軍で本塁打を量産し、5月に一軍デビューを果たした。結局、清宮のプロ1年目は、53試合に出場し打率.200、7本塁打、18打点。この結果をどう受け止めたのか。またホームランへのこだわりについても語ってもらった。

プロ2年目のシーズンに挑む、日本ハム・清宮幸太郎―― 去年は右手のケガや突然の入院(限局性腹膜炎)もあって、キャンプからオープン戦の時期は野球どころじゃなかったと思いますが、今年は野球を楽しめている感じはありますか。

清宮 そうですね……でも、楽しめているというか、やっとしっかりシーズン前にチームの一員になって(野球を)やれているなという、そういう感じはあります。

―― 楽しめているというのとは、またちょっと違うんですか。

清宮 バッティングは楽しいんですけど、まだまだバッティング以外の練習でちょっと不慣れなところがあるので、そういうところは気を張ってやっています。

―― 守備、走塁……?

清宮 そうですね(苦笑)。

―― では、楽しいバッティングに関しては今、どういうことを意識しながらバットを振っているのでしょう。

清宮 意識しているのは……調子に、乗らないことかな。

―― 調子に乗らない(笑)、えっと、清宮選手が調子に乗るとどうなっちゃうんですか。

清宮 調子に乗ると、またケガをしちゃうかもしれないんで……もちろん、強く振ることは心掛けているんですけど、ただ、調子には乗らないように、と。

―― 強く振る先にケガのリスクがあるということですか?

清宮 そうではなくて、無理をしないというか、余計なことをしないように……。去年の春は、手にマメができていたのにそれをかばって無理して振っていたら、おかしくなっちゃったんです。しかも居残って振ったりして変に頑張っちゃったら、ケガをしたんで。だから今年は、強くは振るんですけど余計なスイングをしないというか、フリーバッティングのときは自由に打って、それ以外では調子に乗らないように……。