2019.02.06

ファーム二冠の6年目、巨人・和田恋には
岡本和真と違ったよさがある

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 2018年の巨人にとって、岡本和真という新たな看板が生まれたことは大きなエポックメイキングだった。

 身長185センチ、体重96キロという巨体。柔らかさと豪快さを併せ持つスイング。マイペースで無骨さを感じさせるキャラクター。これから名門チームの屋台骨を担っていく雰囲気が、この22歳の大器からにじみ出ている。

 岡本が昨季残した成績は、143試合にフル出場して打率.30933本塁打、100打点。華々しい舞台で岡本が結果を残していた裏で、ファームではもうひとりの右の大砲がめざましい進歩を遂げていた。

 和田恋(れん)、高卒6年目の23歳である。イースタン・リーグ104試合に出場して、打率.29618本塁打、87打点。本塁打王と打点王のリーグ二冠王に輝いた。

昨年ファームで本塁打王、打点王の二冠を達成した巨人・和田恋 身長180センチ、体重88キロ。大きな体とインパクトのある名前とは裏腹に、和田の口からは威勢のいいコメントは聞こえてこない。本人は「あまり話すのは得意じゃないんです」と笑う。そんな控え目な人柄も手伝ってか、これまで首脳陣から高い潜在能力を評価されながら、目立った働きを見せられずにいた。

 2013年ドラフト2位で巨人に入団した和田は、プロでの5年間をこう振り返る。

「プロに入る前は、5年目までにはもう少し一軍でやれているイメージだったんです。でも、入ってみると木製バットに慣れるまでに時間がかかったのと、ピッチャーのレベルが一気に上がって対応できませんでした。スピードもキレもぐんと上がった印象でした」

 ファームでもがく和田に1年遅れて入団してきたのが、2014年ドラフト1位の岡本である。岡本もまた、大きな期待を受けながら、泣かず飛ばずの3年間だった。

 和田と岡本はともに長打力を売りにする右打者という、タイプが重なる選手である。互いに口も利かないほど意識し合うライバル……というならドラマ性もあるが、ふたりの間にそのような張り詰めた関係はない。和田は言う。

「まぁ1歳下ということもあって敬語は使ってくれますけど、ほぼ同級生みたいな感じです。和真は普段もあのとおり図太いので、あまり後輩という感じはしないですね」