2017.11.19

不祥事からのトライアウト。奥浪鏡、
「もう一度、野球で」と願う4打席

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

「合わせにいくなよ」

「踏み込めよ。踏み込め、踏み込め……」

「甘いところに来い! ストレート、甘いところ!」

 1115日にマツダスタジアムで行なわれたプロ野球トライアウト。生き残りを懸けた男たちの対決をスタンドから見つめる観客のなかに、創志学園(岡山)野球部監督の長澤宏行の姿もあった。

 長澤が思いのこもった言葉を発したのは、教え子である奥浪鏡(元オリックス)の第2打席、下手投げの加藤正志(元楽天)との対戦のときだった。

免停中に事故を起こし、オリックスを契約解除となった奥浪鏡 トライアウトで野手はひとり4打席が与えられている。奥浪の第1打席はフェルナンデス(元ヤクルト)の前にサードフライに打ち取られており、このあたりで奥浪らしい打球を見せたいところだった。しかし結果は、低めの変化球に空振り三振。

「そう甘いところにはませんよね。そらプロやからね……」

 力なく、そう語った長澤だったが、すぐに気を取り直し再びこうつぶやいた。

「ここから、ここから。あと2打席で2本打ったらええんですよ」

 マツダスタジアムは、広島出身の奥浪が「広島ジャガーボーイズ」でプレーしていた中学時代、ある大会でレフトスタンド最上段に放り込んだ場所だ。

「だからね、相性のいい球場なんです。本人もいいイメージで打席に立っていると思いますよ」

 しかし、残りの2打席も四球とサードゴロ。奥浪にとって約6カ月ぶりとなった実戦で快音を響かせることはできなかった。

 トライアウト終了後、控え室から出てきた奥浪をひときわ多くの報道陣が取り囲んだ。その様子から、奥浪が今回のトライアウトの”注目選手”のひとりであることが伝わってきた。