CS進出へ「ここからが勝負」と語る
山﨑康晃は、昨年とは別人のよう

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 さて、セ・リーグのCS争いも佳境を迎えている。2年連続Aクラスに向け、山﨑が担う役割は言うまでもなく大きい。巨人と競り合いながら2位の阪神を追う展開だが、9月24日からの阪神との5連戦は重要な試合になることは間違いない。

実は昨年、山﨑は対阪神戦の防御率が9.00と悪かったが、今シーズンは1.00と見違えるような数字を残している。まるで、昨年引退した尊敬する三浦大輔の「マウンドの借りはマウンドでしか返せない。やられたら、やり返せ!」という言葉を地でいくようなリベンジであり、山﨑も「相手に苦手意識を植えつけることが大事なんです」と、力強く語る。

 残り僅かとなったシーズン。山﨑の登板機会があれば、それは間違いなくこれまで以上に重要な場面。はたして今、何を思うのか。

「どんな状況でも柔軟に対応することが大事。まずは自分をコントロールするために徹底的に準備したい。相手がどうこうよりも、まずは自分たちの野球をやること。しっかりとアンテナを張り巡らせて、チームの歯車になれるよう頑張っていきたい。ここからが本当の勝負ですよ」

 昨年チームとして初めてCSに出場し「あんなに楽しくて、素晴らしい経験はなかった」と語る山﨑は、今年も同じ場所を目指し、さらにギア(歯車)を上げるつもりだ。

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る