目配り気配り心配り。引退する
黒田の専属捕手・倉義和が語るカープ人生

  • 前原淳●文 text by Maehara Jun
  • photo by Kyodo News

──  黒田投手は試合後、好投すると捕手をたたえることも珍しくありません。

「あれは捕手としては、やっぱり嬉しいですよ。立場的にも、捕手から発信することはあまりないですからね。勝っても投手がよかったとなるし、個人的にも捕手が出ていく必要はないと思っています。そういうなかで、黒田さんのように『いい配球をしてくれた』とか『よく捕ってくれた』と言ってもらえると、『やってよかったな』『もっとよくできるようにやっていかないといけない』と自然とモチベーションが上がり、向上心につながります。黒田さんのそうした言動が私を育ててくれたと思っていますし、昨季、途中からバッテリーを組んだ石原も捕手として育ててもらったのではないかなと思います」

──  ただ、黒田投手が復帰した昨年からの2年も含め、ここ数年は二軍で調整を続ける時期が続きました。

「自分のなかでバックアップという役割を理解して、何かあったらいかないといけないという気持ちは持っていました。そこはまだ必要とされていると。それがなければもっと早く終わっていたと思うし、クビだと言われても不思議じゃなかった。だからこそ、常時は無理でも、誰かがケガしたときに自分の役割があると思ってここまでやらせていただきました」

──  今年は新たに二軍バッテリーコーチを兼任する役割が加わりました。

「自分の体もつくらないといけなかったので、難しかったですね。でも兼任の強みは、やりながら教えられること。わからなかったら一緒にレガースを着けて見本を見せることができる。そういう部分ではよかったんじゃないかなと思いますね」

4 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る