2015.10.09

パ・リーグCS展望。カギを握るロッテ涌井秀章の起用法

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 クライマックス・シリーズ(CS)が明日から開幕する。パ・リーグは昨年の覇者・ソフトバンクが年間90勝を記録し、2位の日本ハムに12ゲーム差、3位のロッテに18.5ゲーム差をつけるなど、圧倒的な強さを見せつけた。この絶対的王者に挑むのは日本ハムなのか、それともロッテなのか。解説者にパ・リーグCSファーストステージの展望を聞いた。

15勝をマークし、大谷翔平と並んでパ・リーグ最多勝に輝いた涌井秀章

 まず今シーズンの両チームの対戦成績は、日本ハムが13勝12敗で勝ち越している。しかし、ファーストステージの舞台である札幌ドームの試合ではロッテが5勝2敗と相性がいい。さらにロッテは9月終盤から10月にかけてものすごい勢いで白星を重ね、5年前にシーズン3位から日本一に輝き、"史上最大の下剋上"を達成した時のような勢いを見せている。現役時代、ヤクルト、日本ハムなどでプレーした野口寿浩氏は「勢いだけなら完全にロッテ」という。

「ロッテは9月21日から最終戦までを12勝2敗で乗り切り、3位に食い込みました。それに対日本ハム戦も4連勝中です。もともと勢いに乗ったら止まらないという伝統がありますから、日本ハムとしては怖さを感じていると思います」

 とはいえ、ロッテの勢いは感じているものの、「戦力的に考えれば、日本ハムが有利」と野口氏は言う。