2015.10.04

評価急上昇! オコエ瑠偉を本当に必要としているのはこの球団

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

ドラフト展望2015(1)

 ドラフト会議まで3週間を切った。各球団とも誰を指名するのか、最終的な絞り込みの時期にさしかかっているところだろう。今年も高校、大学、社会人、さらには独立リーグに将来のプロ野球を担う若き逸材たちが揃い、注目を集めている。

夏の甲子園で関東一高ベスト4の立役者となったオコエ瑠偉

 その中でもプロのスカウトから熱い視線を浴びているのが関東一高の外野手・オコエ瑠偉。この夏の甲子園で一気に評価を上げ、1位指名確実とも言われている逸材だ。

 そのオコエの最大の武器はスピード。ピッチャーゴロをはじいた打球が内野を抜けると瞬く間にセカウンドへ到達し、鋭い打球が外野の間を抜ければ迷うことなく三塁へ。甲子園のダイヤモンドをこれほど小さく感じさせた高校球児がいただろうか。幅跳びの選手のような大きなストライドでグイグイ加速していくスピード感は、これまでの野球選手にはない迫力がある。

 そんな魅力あふれるプレーを見せるオコエだが、はたして彼を本当に必要としている球団はどこなのか。各球団のチーム事情から、「オコエ瑠偉の必要度」を探ってみたい。

 捕手以外は充実の戦力を誇るパ・リーグの覇者・ソフトバンク。例年、将来を見据えた指名を続け、プロ球界で唯一システム化された育成組織をつくり上げた。今季も、福田秀平、明石健志、高谷裕亮らがレギュラー同様の働きを見せ、育成出身の二保旭、飯田優也らも活躍。他球団を圧倒する分厚い選手層を見せつけた。

 外野に目を向けると、内川聖一、柳田悠岐、中村晃、長谷川勇也ら、球界屈指の人材が揃っているが、「次の世代」となるとどうか。2年目の上林誠知の急成長はあるが、その他の選手は見通しがきかない。12球団トップクラスの人気チームだけに、次期スーパースター候補としてオコエはうってつけの存在といえる。