2015.06.25

熾烈なパ・リーグ首位打者争いにみる「打率.350の世界」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 プロ野球は交流戦が終了してリーグ戦が再開したが、パ・リーグの首位打者争いがすごいことになっている。

1位 秋山翔吾(西武/27歳)  打率.381
2位 柳田悠岐(ソフトバンク/27歳)打率.375
3位 清田育宏(ロッテ/29歳) 打率.341
※成績は6月24日現在のもの

現在、パ・リーグ首位打者の西武・秋山翔吾

 上位ふたりに比べると3位の清田は数字的にやや劣って見えるが、それでも3割5分近い数字を残しており、この3人がいかに高いレベルで争っているのかがわかる。

 これまでプロ野球の長い歴史の中で、ハイレベルな首位打者争いは多々あり、それを掘り起こしてみるのも楽しい作業なのである。長いプロ野球の歴史の中で3割5分以上の首位打者争いはどれだけあったのか、まとめてみた。

1950年
藤村富美男(阪神) 打率.362
小鶴誠(松竹) 打率.355

1954年
与那嶺要(中日) 打率.361
渡辺博之(阪神) 打率.353

1976年
谷沢健一(中日) 打率.3548
張本勲(巨人) 打率.3547