2015.05.03

プロ野球解説者7人の「3大ニュース~開幕1カ月編」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 プロ野球が開幕して1カ月が過ぎた。セ・リーグは昨年下位のヤクルト、DeNA、中日が順調なスタートを切り、黒田博樹が復帰し前評判の高かった広島が最下位に低迷。パ・リーグはオフに大型補強を行なったオリックスが出遅れるなど、まさかの事態が起きている。そこで解説者7人に開幕1カ月で起きた様々な出来事からそれぞれの「3大ニュース」を選んでもらった。
(成績はすべて5月2日現在)

中島裕之をはじめ、オフに大型補強を行なったオリックスだが、現在最下位に低迷している

山﨑武司(元中日、オリックス、楽天)

① オリックスの開幕ダッシュ失敗
② ヤクルト投手陣のレベルアップ
③ ホームランの減少

「オリックスはあれだけの補強をして、現時点で最下位とは誰ひとり予想しなかったでしょう。大きな戦力を持っていても最初につまずくと、立て直すのに時間がかかります。この先、どう巻き返すのか注目しています。いずれにしても、パ・リーグを面白くしてくれましたよね。

 セ・リーグで予想外といえば、12球団トップの防御率を誇っているヤクルト投手陣です。抑えのバーネットは冷静な投球をしているし、小川泰弘はピッチングが大人になりました。コントロール中心でコーナーを攻めて打ち取っている。突出したピッチャーはいませんが、個々のレベルアップができています。

 今年、試合を見て思ったのは、ストライクゾーンが広くなったことです。ホームランが出ない原因はここにあるんじゃないかと思うぐらい広くなっています。今のストライクゾーンだと、アウトコースのいいところに投げられたら長打は出ません。この先、ストライクゾーンをどれだけ打者が理解するかによって成績が変わってくると思います」