2013.10.24

2013年ドラフト。桐光学園・松井裕樹を指名する球団はどこだ!?

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

「(1位指名の)12人の顔を並べるのが難しい」

 夏以降、複数のスカウトから同様の声を聞いた。期待していた大学生の伸び悩みもあり、「不作どころか凶作」と苦笑いを浮かべるスカウトもいた。その中で、今年1年で最も評価を上げたと言われているのが、吉田一将投手(24歳/JR東日本)だ。

最後の夏は準々決勝で横浜に敗れ、甲子園出場を果たせなかった松井裕樹

「今年はずっと状態がいい」「あの身長(191センチ)からボールが低めに集まるのが魅力」
「即戦力ではナンバーワン」と多くのスカウトが賞賛する吉田は、オリックス、中日を筆頭に、複数の球団が1位指名をするのではないかと伝えられている。

 吉田以外にも、今年は社会人に好投手が多く、スカウトから名前が挙がったのが、浦野博司投手(24歳/セガサミー)、東明大貴投手(24歳/富士重工)、石川歩投手(24歳/東京ガス)、柿田裕太投手(21歳/日本生命)たち。あるスカウトは、「知名度はないが即戦力が意外に多いかも」と語る。ただ一方で、「今の社会人は打力が弱い。誰が見ても1位の投手は、吉田と石川ぐらい」という声があるように、スカウトによって評価が分かれている。

 大学生の上位指名候補は、九州共立大の大瀬良大地投手(22歳)。阪神が1位で指名するとの声があり、関西のスポーツ紙では「大瀬良」の名が頻繁に登場している。ただ、大瀬良に関しても「球に力がある」「大学では間違いなくナンバーワン」と評価するスカウトもいるが、「手元で伸びる球質ではない」「パワー型のピッチャーで調子に波がある」など、社会人の投手と同様に意見が分かれているのが現状だ。