2012.06.03

【プロ野球】決意のストレートで勝負の3年目に懸ける阪神・秋山拓巳

  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

ルーキーイヤーの2010年には7試合に登板し、4勝を挙げた秋山拓巳安倍昌彦の投魂受けて~第19回 秋山拓巳(阪神)

 阪神タイガースの秋山拓巳というピッチャーを忘れてはいませんか。

 2009年に春夏続けて甲子園に出場し、その年ドラフト4位で阪神タイガースに入団。
そしてルーキーイヤーの2010年8月21日にプロ初登板で先発のマウンドに上がると、そこから約2カ月間、ローテーション投手として4勝をマーク。夏バテ、故障者続出で崩壊寸前だった阪神タイガース投手陣を支え、「救世主」などという見出しも躍ったほどだった。

 長く中心投手として投げ続けるための体力作りと、自身の故障もあった2年目は、一軍登板は7イニングちょっとに終わったものの、今年はブレイクの兆しを見せている。

 ここまで一軍昇格はないが、ファームで秋山らしい持ち味を発揮・キラリと光るピッチングを続けている。

 4月28日、彼がプロへの扉をみずから開いた甲子園球場の、それもナイトゲームだった。コンスタントに140キロ前半をマークしながら、145、6キロの速球で三振を奪い、カットボールで芯を外し、フォークでスイングを崩しながら、わずか3安打の無四球完封でウエスタンリーグ最強のソフトバンク打線をねじ伏せた。その後も広島を7回3失点に、さらにソフトバンクを再び7回零封。

 そして、5月24日のオリックス戦(神戸第二)がすごかった。

 先発して快調に飛ばして6回、グラウンド整備あとの「空白の時間」で調子を崩されがちなその回を3者連続三振。駿太、縞田にはストレートで押し、ベロスにはフォークで仕留めた。

 一軍に上げてくれよ、オレを!
 秋山のピッチングに「叫び」を感じた。

 あとふたり抑えたら完封の9回、前の打席にフォークで三振を奪ったベロスに、そのフォークを待たれた。バックスクリーンの横に消えて行く打球を見ながら、秋山は全身で悔しがった。

 その「心意気」がほしかった。上げてもらうなら、今。旬を感じた。