2021.09.19

ダルビッシュ、なぜ勝てない。斎藤隆「周りに言えない理由を何か持っているのか」

  • 中島大輔●取材・文 text by Nakajima Daisuke
  • photo by AFLO

 メジャーリーグ10年目のダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)が、長いトンネルの中で苦しんでいる。

 6月まで7勝2敗、防御率2.44という好スタートを切ったあと、7月3日のフィラデルフィア・フィリーズ戦から自身初の7連敗。9月8日のロサンゼルス・エンゼルス戦では6回1失点の好投で79日ぶりの勝利を飾ったものの、続く13日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では4回までに今季ワーストの8失点で降板した。

後半戦から突如不調に陥っているダルビッシュ有後半戦から突如不調に陥っているダルビッシュ有 この記事に関連する写真を見る  今季の成績は27試合に登板して8勝10敗、防御率4.32(現地9月17日時点、以下同)。被打率.225はナ・リーグ14位、2013年にタイトルも獲った奪三振も177個で同15位となっている。

 2021年シーズンが開幕してから6月まで、ダルビッシュはサイ・ヤング賞の投票でナ・リーグ2位に輝いた昨年以上の投球内容を見せていたが、突如不調に陥った。シーズン前半と後半であまりの対照的な姿に、元メジャーリーガーで解説者の斎藤隆氏も驚きを受け止め切れずにいる。

「原因がはっきりわからないので、今季全体の投球について評価するのはとても難しいです。前半戦のダルビッシュは、これほどすばらしいパフォーマンスは何年に1回、来るかどうかというくらいの調子に見えました。

 ところが、後半戦になって状態があまりよくない姿を見ると、周りに言えない理由を何か持っているのかな、と考えてしまいます。ボールの乱れ方が、明らかに調子のよし悪しによる影響ではないように見える時があるので」

 突然の不調の裏にあるのが、2度の戦線離脱だ。

 オールスター前の7月11日に左股関節の炎症で10日間の負傷者リスト(IL)に入ると、8月12日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で腰の違和感を訴えて、2日後に再び10日間のIL入りとなった。左股関節については、シーズン前から状態があまりよくなかったことを明かしている。

 右投げのピッチャーにとって、左足の股関節はピッチングにおいて極めて重要な箇所だ。