2021.08.21

筒香嘉智は活躍してもしなくても「構わない」。パイレーツ専門メディアが伝えた期待度

  • 澤良憲●取材・文 text by Sawa Yoshinori
  • photo by Kyodo News

 筒香嘉智が再びメジャーでのチャンスを掴んだ。

 現地時間8月14日、筒香はロサンゼルス・ドジャース傘下の3Aオクラホマシティ・ドジャースから自由契約になった。筒香にとってメジャーでは2回目の放出であった。この報道が出ると、日本のメディアは、「今度こそ日本の球団が獲得に乗り出すのでは」と予想。しかし、筒香を獲得したのは、メジャー球団のピッツバーグ・パイレーツであった。それもメジャー契約でだ。

パイレーツと契約し、結果も残している筒香だが......パイレーツと契約し、結果も残している筒香だが...... この記事に関連する写真を見る  2年目の筒香はシーズン序盤からなかなか結果が出なかった。最初に所属していたタンパベイ・レイズでは、26試合の出場で打率.167と低迷。本塁打は0本で、長打は二塁打4本と、期待されていた長打力は発揮されなかった。

 5月にレイズからDFA(事実上の戦力外通告)を受けた筒香は、ドジャースにトレードで移籍した。ドジャースが筒香を獲得したその理由は、筒香が複数ポジションを守れたからだ。主力選手のケガが相次ぎ、選手のやりくりに苦労していたドジャースにはバックアップ選手が必要だったのである。

 しかも、ドジャースは筒香に対し、ほぼ最低保障年俸57万500ドル(約6200万円)を負担するのみで、レイズが筒香の年俸700万ドルの残りを負担するという好条件でもあった。

 もちろんドジャースは筒香の打力にも期待していたが、結局ドジャースでは12試合に出場し、25打席の打率は.120、本塁打を含む長打は0と結果を出せなかった。さらに6月9日には、筒香は右太ももの張りで10日間の負傷者リストに入った。調整のためマイナーに送られることになったが、その間に主力選手が戦列に復帰したこともあり、7月7日にメジャー出場の前提となる40人枠から外されてしまった。

 このように筒香はレイズ、ドジャースから"打撃は期待外れ"との厳しい評価を受けた。では、なぜそんな筒香をパイレーツは獲得したのか。それには、パイレーツのチーム事情が大きく関わっている。