2017.08.18

青木宣親は「負け組」じゃない!
メジャーリーグ夏のトレード総決算

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu
  • photo by AFLO

 7月31日のトレード期限が終了し、プレーオフ進出を目指す上位チームの地区優勝争いはさらに熱を帯びてきました。ロサンゼルス・ドジャースに移籍したダルビッシュ有投手の電撃トレードを筆頭に、今年の夏も派手な獲得合戦が繰り広げられましたが、そのなかでも補強に成功した「勝ち組」と呼べるチームのひとつは、ア・リーグ東地区のニューヨーク・ヤンキースではないでしょうか。

アストロズからブルージェイズに移籍した青木宣親 なんといっても7月31日のトレード期限ぎりぎりに、オークランド・アスレチックスから先発右腕のソニー・グレイを獲得できたことが大きいと思います。グレイは今夏の即戦力リストのなかで、ダルビッシュ投手と並ぶ最大の注目株でした。

 アスレチックスでの5年間で通算成績は44勝36敗。勝率は決して高くないのですが、近年低迷するアスレチックスにおいてエースとして君臨した27歳の本格派右腕です。グレイの契約は2019年まで残っているので、今シーズンの終わりにFAで他球団に移籍するリスクもありません。来シーズン以降もヤンキースの先発陣を担う存在としても、グレイの補強は大成功だと思います。

 またヤンキースは、7月30日にも先発投手を獲得しました。31歳の技巧派左腕でメジャー在籍9年目のハイメ・ガルシアです。移籍時の通算成績は67勝52敗。2011年のセントルイス・カージナルス時代にはワールドシリーズ制覇も経験しているメキシコ人ピッチャーです。今年のシーズン前半戦はアトランタ・ブレーブスで投げていましたが、7月24日にミネソタ・ツインズにトレードされ、そのわずか6日後にヤンキースにやってきました。