プロか漁師か...投手経験半年で150キロ到達の紋別高・池田悠真が悩める胸中を吐露

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko

 この春、高校野球の北海道大会に出かけた時のことだ。北海道担当のスカウトや、地元の記者から、「紋別高校のピッチャー、見ました?」「紋別高校のピッチャーが面白い」と言われて、ずっと気になっていた。

 紋別高校の池田悠真(3年/185センチ・88キロ/右投右打)。今春の北見支部予選で、150キロをクリアした大型右腕だという。

 気になる、気になる......と、ただ悶々としていても始まらない。地元に詳しい記者に、彼の投げている写真を見せてもらって心が決まった。

 グラブサイドのこなしがいい。つまり腕を振り始めた瞬間に、投げないほうの左腕が体の左半身の開きを止めるように、ちゃんと機能している。これなら「150キロ」という数字は噂でも、ただ力任せに投げて出したわけでもなさそうだ。なにより、全身の均整のとれたボディバランスがすばらしい。

この春、150キロをマークし一躍注目を集める紋別高校・池田悠真 photo by Osakabe Akiraこの春、150キロをマークし一躍注目を集める紋別高校・池田悠真 photo by Osakabe Akiraこの記事に関連する写真を見る

【大自然で鍛えられた屈強な肉体】

 オホーツク紋別空港。紋別高校から車で20〜30分のところに、東京から1日1便だが、飛行機が飛ぶ空港がある。それを使えば羽田空港から3時間ほどで行けるのだが、"閉所恐怖症"の私は、恥ずかしながら通路が1つだけの小さめの飛行機に乗れない。

 そこでまず新千歳空港に飛び、そこから電車、バスを乗り継ぎ、最後はレンタカーで紋別まで、合計約8時間半......さすがにオホーツク海に面した紋別は遠かった。

「去年の秋まで外野手だったんです。エース格で投げていた選手の故障もあって、冬からピッチャーの練習をして、この春の公式戦で150キロが出て......。ほんとのところ、ピッチャーとしてのキャリアはまだ数カ月。中学の時もほとんどキャッチャーをやっていたそうですから」

 紋別高の加賀谷実(かがや・まこと)監督は、神奈川県の公立高校で長く野球部の指導をされ、定年を期に2021年から紋別高の監督をつとめている。川崎北高監督の時には、巨人や中日で活躍した河原純一の指導にもあたっていた。

「今は野球勉強中の段階だと思いますけど、体の強さ、身体能力の高さ......伸びしろは抜群なんです」

1 / 6

プロフィール

  • 安倍昌彦

    安倍昌彦 (あべ・まさひこ)

    1955年、宮城県生まれ。早稲田大学高等学院野球部から、早稲田大学でも野球部に所属。雑誌『野球小僧』で「流しのブルペンキャッチャー」としてドラフト候補投手のボールを受ける活動を始める。著書に『スカウト』(日刊スポーツ出版社)『流しのブルペンキャッチャーの旅』(白夜書房)『若者が育つということ 監督と大学野球』(日刊スポーツ出版社)など。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る