全日本2連覇、青学大野球部の安藤寧則監督が語るチーム作りの信念「徹底の裏側には納得がある」

  • 白鳥純一●取材・文 text by Shiratori Junichi

【部員が少ないからできる、やる気の引き出し方】

 大学日本一を決める全日本大学野球選手権の決勝が6月16日に行なわれ、早稲田大(東京六大学)に2-1で勝利した青山学院大(東都大学)が、2年連続の日本一を成し遂げた。

全日本2連覇を果たした青学大の安藤寧則監督(左)とキャプテンの佐々木泰 photo by Sankei Visual全日本2連覇を果たした青学大の安藤寧則監督(左)とキャプテンの佐々木泰 photo by Sankei Visualこの記事に関連する写真を見る 試合前日、「一生懸命やることが青山学院らしい姿。それができるような形で送り出してやりたい」と意気込みを語った青学大の安藤寧則(あんどう・やすのり)監督。勝利後の会見では「幸せです。自慢の後輩です」と連覇の喜びを語った。ただ、ここまでの道のりは決して平坦なものではなかったという。

「完璧なゲームがほとんどなく『何をやっているんだ......』と頭を抱える場面ばかりで、勝つことの難しさを感じました」

 東都3連覇を目指して挑んだ春季リーグは、開幕8連勝でスタートダッシュに成功したものの、優勝争いは中央大との最終戦(5月29日)までもつれた。勝ったほうが優勝というその試合では、不振に苦しんだキャプテンの佐々木泰(ささき・たい/4年)の3ランホームランによるリードを守り切って3-1で勝利して優勝を決めた。

「誰がチームの指揮を執ろうとも、指導者ができることには限界がある。その先の部分は選手次第なんです」と話す安藤監督は、当時2部だった青学大を率いることになった2019年から、選手の自主性に重きを置いたチームづくりを行なってきた。

 2020年秋には東都2部で8季ぶりに優勝して1部に復帰を果たす(※)と、徐々に力をつけたチームは、常廣羽也斗(つねひろ・はやと/現広島)、下村海翔(しもむら・かいと/現阪神)らの投手陣を擁した2023年に17年ぶりの1部優勝を果たす。続く全日本選手権でも18年ぶりの日本一を成し遂げた。

(※)コロナ禍の影響により入れ替え戦は実際されず。

 今季の部員は、全日本選手権に出場したチームのなかでは最も少ない44名で、100人以上を抱えることも珍しくない大学野球部にしては少人数の編成だった。しかし安藤監督は「試合に出て成功や失敗を繰り返しながら成長できるところが強み」と、多くの選手にチャンスを与えることでやる気を引き出し、チームの好循環に繋げてきた。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る