「垂直ジャンプ」が話題 明治大・飯森太慈は指定校推薦からその快足でレギュラーを奪取→首位打者&盗塁王に輝いた (3ページ目)

  • 大友良行●文・写真 text & photo by Ohtomo Yoshiyuki

【指定校推薦で明治大へ】

 明治大にとって欠くことのできない存在となった飯森だが、高校時代はどんな選手だったのだろうか。佼成学園の藤田直毅監督は言う。

「入学当初は目立たないふつうの小柄な二塁手で、足も際立って速いわけではなく、正直、そこまで期待はしていませんでした。しかしBチームでそこそこの成績を残していたので、2年秋から使ってみたら打撃はコンパクトで、得点能力も高く、実戦的だったので外野手として起用しました。

 3年夏の西東京都大会(代替大会)1回戦では強豪校の国学院久我山と対戦しました。試合はタイブレークとなり、飯森は守備時に両足がつり両肩を抱えられてベンチに戻ってきました。ランナー三塁で飯森に打席が回ってきて交代させようかとも思いましたが、これといった代打がいないのでそのまま打席に送りました。そうしたら彼がルーティンとしているジャンプをやったのです。まだ足に痛みが残っているはずなのに、何を考えているんだと思いましたが(笑)。でも2球目を打って、三遊間を破りサヨナラヒット。すごい集中力を発揮する選手なんです。その後、飯森の活躍もあって決勝まで進みましたが、最後は東海大菅生に敗れました」

 この夏の大会で打率4割を残した。勉強にも真面目に取り組み、成績はオール5。指定校推薦で明治大へ進んだ。今や母校の後輩たちの憧れの存在となっている。

 首位打者、盗塁王、ベストナインのタイトルを手にした飯森の次の目標は、全日本大学選手権で日本一を獲ることだ。飯森のスピード感あふれるプレー、そして一段と高さを増したジャンプは必見だ。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る