2022.03.26

初戦で花巻東の佐々木麟太郎を圧倒、大会No.1右腕となるか。市和歌山・米田天翼のすごさとは

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 三塁側ブルペンで投球練習をする米田天翼(つばさ/市和歌山)のボールが、なかなか指にかからない。

「自分でも浮いてるなと感じていました。気持ちが浮ついて、ボールも浮いている感じでした」

 気持ちが上ずるのも無理はない。3月23日、選抜高校野球大会(センバツ)5日目に組まれた市和歌山対花巻東は、1回戦最大の好カードと見られていた。高校通算56本塁打の怪童2年生・佐々木麟太郎(花巻東)と、大会屈指の速球派右腕・米田との対決は大きな見どころだった。

初戦で花巻東を破った市和歌山のエース・米田天翼初戦で花巻東を破った市和歌山のエース・米田天翼 この記事に関連する写真を見る

佐々木麟太郎にインコース攻め

 試合が始まってもなお、米田は自分自身を制御できずにいた。花巻東の1番打者・宮澤圭汰に対して1球もストライクが入らない。四球で出塁を許すと、続く2番・渡辺陸の小フライとなったバントを三塁手の田嶋優汰がダイビングするもこぼし、無死一、二塁。ランナーをためた状態で佐々木を打席に迎えてしまった。

 ストレートも変化球も抜けてしまう。怯んでも不思議ではない場面だった。ところが、この場面で米田のなかで何かが弾けた。

「ここは技術よりも、気持ちで押しきろう」

 1ボールから、この日初めて140キロに乗った快速球に、佐々木のバットが空を切る。次のボールは142キロとさらに球速を上げ、空振りが続く。市和歌山バッテリーは徹底して佐々木のインコースをえぐった。

 市和歌山の半田真一監督は言う。

「長打を狙ったスイングをするバッターなので、腕が伸びるところを拾われると、すごく飛んでいくと思いました。花巻東は佐々木くんだけでなく、宮澤くん、田代(旭)くんを警戒していたので、バッテリーには『インサイドを使っていきなさい』と話していました」

 佐々木との第1ラウンドは、詰まってバックネットにぶつかるファウルなどを挟み、カウント3ボール2ストライクにもつれ込んだ。最後は140キロの高めのボール球を振らせて空振り三振。この瞬間、米田は「インコースのストレートで詰まらせた」と手応えを得たという。