2020.07.14

大分は明豊と大分商にドラフト候補。森下暢仁直伝の変化球を投げる投手も

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • Photo by Nikkan Sports

スポルティーバ厳選!
高校野球 47都道府県の注目選手
大分編

新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開く。大分では県独自の代替大会「2020大分県高等学校野球大会」が7月14日よりスタート。白熱の試合が期待される中、注目選手を紹介する。

 2年連続で県内2校がセンバツ出場権を獲得するなど活況を呈している大分の高校野球界。プロ注目のドラフト候補は、2020年センバツに出場を決めていた明豊と大分商の2校に集まっている。
速球のほか、カットボールなど変化球の完成度も高い大分商の右腕エース・川瀬堅斗 秋の九州大会で優勝した明豊は、投打に逸材ぞろい。昨春のセンバツ4強を経験した左腕エースの若杉晟汰(せいた)は、直球がコンスタントに140キロを超える。スピン量が多いキレのある直球で、打者の左右に関わらず内角をズバッと突ける球質と制球力が魅力。課題だったチェンジアップのキレも増してきており、完成度を上げている。

 若杉と共にエース格として期待される右腕・狭間大暉は、ブルペンで140キロ後半を連発している。野手としての適性も高い狭間は、今季から右翼手を兼ねているが、守備やベースランニングのスピード感が光り、肩の強さも目を見張る。投手兼任でレギュラーデビューが遅かったため通算本塁打は二桁に達していないが、チームトップクラスの飛距離と打球速度があり、昨秋は強力打線の4番を任された。

 明豊でチーム最多本塁打の高校通算26発を誇る布施心海(しんかい)は、4強入りした19年のセンバツで三番打者として活躍。173センチ、68キロの"小さな巨人"だ。力強いスイングや鋭い打球は、同校OBの今宮健太(現・福岡ソフトバンク)を彷彿とさせる。