大分は明豊と大分商にドラフト候補。森下暢仁直伝の変化球を投げる投手も

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • Photo by Nikkan Sports

 大分の飯倉優侃(まさやす)は、手元でぐんと伸びる130キロ台中盤の直球がひときわ目を引く。

 日本文理大付にも楽しみな選手たちがいる。高い制球力による自在のコーナーワークと低めに集めるカーブで、優位に投球を進める好左腕・木下真吾と、広い守備範囲と高いミート力をもつ遊撃手の比嘉廉だ。両者とも14年夏に大分を甲子園へと導いた佐野徹新監督のもとで、才能をどれだけブラッシュアップしたか注目したい。

 大分東明で山下とバッテリーを組む180センチ、80キロの大型捕手・増田奨は、ワンバウンド捕球の技術に長け、左の強打者としての可能性も強く感じる。

 昨年春の甲子園を経験している大分の田中颯悟(そうご)は、外野手から遊撃手に回ってより野球センスが輝きを増した。津久見の強打者・岡部優四朗や、攻守のバランスがいい大分雄城台の工藤海翔(かいと)にも注目。広大な守備範囲と長打力を併せ持つ瀧倖之介と、打ち損じの少ない巧打者の川元洋征(ようせい)の佐伯鶴城デュオもマークしておきたい。

 この夏だけでなく、来年以降も楽しみな選手も挙げておきたい。

4 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る