2020.04.06

公式戦登板1イニングもドラフト候補へ。
慶應大左腕は杉田玄白の子孫

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 現時点では「もっとも実績のないドラフト候補」と言えるかもしれない。

 慶應義塾大の左腕・長谷部銀次のことだ。なにしろ大学3年間で東京六大学リーグ通算1試合、1イニングしか登板していない投手である。それでも、今年に入ってチーム関係者の間から「長谷部がとんでもないボールを投げていますよ」と話題になっていた。3月21日の仙台大とのオープン戦で長谷部を視察したあるスカウトは「十分にドラフト候補に挙がってくるでしょう」と断言した。

最速149キロを誇る慶應大の本格派左腕・長谷部銀次 身長183センチ、体重76キロのいかにも本格派投手らしい体型で、スピード感と迫力のある体重移動から左腕を猛烈に叩く。球速は現時点で最速149キロだが、まだまだ増速する気配がある。変化球もキレのあるスライダーとツーシームを武器にする。

 仙台大とのオープン戦後、長谷部は野球部を通してこうコメントしている(以下カギカッコ内同)。

「今は投げられることが楽しいし、幸せです。1年前は課題を持つことすらできなかったので」

 長谷部がここまで台頭できなかった要因は、腰椎分離症にある。中京大中京(愛知)に所属した高校2年の冬から痛みが出て、それ以来、腰の痛みと付き合い続けた。痛みが出る、治療する、投げる、痛みが出る......そんな悪循環を繰り返し、長谷部は大学2年の秋に大きな決断をする。

「大学2年間を過ごしてきて、だましだましやるより手術してもう一度100パーセントの状態でやりたいと思ったんです」