2019.11.20

あの名将が松坂大輔より上と脱帽。
高橋宏斗は世代No.1を目指す

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 力強い決意表明だった。

「150キロを投げるピッチャーは今の2年生でもいるので、155キロを投げたいです。世代ナンバーワンになることが目標なので」

 その日、中京大中京(愛知)のエース右腕・高橋宏斗は快刀乱麻の投球を披露した。11月17日の明治神宮大会2回戦、初戦で前評判の高かった星稜(石川)を破り、勢いに乗る名門・明徳義塾(高知)を相手に7回を投げ、10奪三振完封。手強いくせ者を8対0の7回コールドで粉砕した。

 試合後、高橋は鈴なりの報道陣を前に「世代ナンバーワン」への思いを強い口調で語ったのだ。

神宮大会で明徳義塾から7回10奪三振の快投を演じた中京大中京のエース・高橋宏斗 新チームの中京大中京はタレント揃いだ。強肩強打の捕手・印出太一(いんで・たいち)、柔らかさと強さを併せ持つ遊撃手・中山礼都(なかやま・らいと)、攻撃的なリードオフマン・西村友哉、小柄ながら140キロ台の快速球とチェンジアップを武器にする左腕・松島元希(まつしま・げんき)。プロスカウトも注目する選手を多数抱えるなか、来年のドラフト上位候補に名乗りをあげたのが高橋だった。

 身長183センチ、体重79キロの均整のとれた体。両手を振りかぶるワインドアップから、左足を上げる際に視線を三塁側に送る。これは千賀滉大(ソフトバンク)のフォームを参考にしたという。スリークォーターの腕の振りから力強く放たれた快速球は最速148キロを計測する。

 1年前の東海大会で初めて高橋を見た際、1年生ながらスピードはすでに最速146キロに達していた。当時、高橋はこんなことを語っていた。

「アウトローのストレートで見逃し三振を奪うのが理想です。バッターが手も足も出ないようなストレートを投げたいです」

 1年時は抜け球も多く、勢いに任せて投げるスタイルだった。だが、1年を経て高橋の投球は大きく進化を遂げ、変化球もうまく扱えるようになっていた。高橋は「ストレートだけでは抑えられないとわかったので、いかに変化球を混ぜながら抑えられるかを考えるようになりました」と進化の過程を語りながら、こう付け加えた。

「でも、真っすぐが軸になることは変わらないので、スピードだけでなく質を高めていきたいと思います」