2019.11.23

神宮大会で輝いた怪物候補の1年3人。
各自のバックグラウンドも面白い

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 これから2年間をかけて、どれほどの選手に成長するのだろうか。今秋開催された明治神宮野球大会・高校の部には、そんな希望を抱かせる高い潜在能力を秘めた1年生が何人も躍動した。

 筆頭格は天理(奈良)の達孝太(たつ・こうた)である。身長192センチ、体重80キロの長身痩躯がマウンドに立っただけで、ただ者ではないオーラが感じられた。

近畿大会決勝で大阪桐蔭を封じた身長192センチの大型右腕、天理の達孝太 達は近畿大会決勝・大阪桐蔭(大阪)戦で先発登板し、有望選手揃いのエリート軍団を7回まで3安打1失点に封じた。8回に2安打1死球を許したところで降板したものの、チームの近畿大会優勝に大きく貢献している。

 明治神宮大会では2戦目となる準決勝・中京大中京(愛知)戦に先発登板した。東海屈指のタレント揃いの強打線に立ち上がりから苦しんだが、粘り強い投球でゲームをつくった。

 現時点で最速141キロというが、球速は常時130キロ前後。まだ体に力がないことは一目瞭然だ。それでも大型投手にありがちな動作のぎこちなさがなく、スムーズな体重移動を見せる。対戦した中京大中京の4番打者・印出太一は「角度があって球速以上に速く感じますし、右バッターの外角低めは遠く感じました」と証言する。

 そして意外な器用さも魅力のひとつだ。投球モーションに入る前、達は大きな手のなかでボールをクルクルともてあそぶように回す。スライダー、カーブ、フォークという変化球でもストライクが取れ、本人に自覚はないものの「器用だね、とよく言われます」と語る。

 初めて神宮球場のマウンドを経験し、「マウンドが高くて、赤土で固かった」と勝手の違いを感じたという。だが、3回にはフォームをノーワインドアップから制球重視のセットポジションに変え、ボールが抜けないよう8割程度の投球強度に抑えることで対応した。

 爪の保護のため、自分の意思で中学時代からネイルサロンに通うなど意識も高い。3月27日生まれながら、「幼稚園の頃から体が大きかったですし、早生まれのコンプレックスを感じたことはありません」と15歳にして幼さはない。