2017.09.27

スカウトが電話でつぶやいた
「ドラフト1位指名される12人」の名前

  • 谷上史朗●文 text by Tamigami Shiro
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihito

 清宮幸太郎(早稲田実業)の会見が開かれた9月22日の朝、ある球団のスカウトと電話をしていた。その時点で清宮はまだ進路を発表していなかったが、そのスカウトは「まだ100%プロ志望だとは思っていません」と言った。

「U-18のワールドカップが終わり、各紙とも清宮くんの進路について書かれていましたが、大学進学と報道する新聞もあれば、プロという新聞もあった。最近の感じではおそらく”プロ”なんだと思いますが、本人が語るまで100%の確信はないですね」

この秋のドラフトで清宮幸太郎は何球団から1位指名されるのだろうか それほど今回の清宮の進路に対して、プロ側も信頼に足る情報は持っていなかったということだ。スカウトの不安は杞憂に終わったが、次に「ならば、清宮に何球団が競合するのか」という問題が起きてくる。

 これまでの最多指名は、1989年の野茂英雄(新日鉄堺)と1990年の小池秀郎(亜細亜大)の8球団。「その再現か……」という記事も目にするが、そのことに話を向けると、いつもは慎重な見方をするスカウトも否定はしなかった。

「清宮くんの打者としての力は、誰が見ても抜けていますからね。間違いなく本物です。ファースト以外に守れるポジションはあるのかという不安はありますが、それでもあのバッティングがあって、注目度もすごい。実力に加え、営業面でも魅力があるので、6、7球団……あるいは8球団になる可能性もないとは言えないですね」