2017.08.21

スカウトが選んだ夏の甲子園ベストナイン。
このうちドラフト指名は?

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

「何年かに一度の不作」と、センバツの時点からスカウトたちはため息をついていたが、今夏の甲子園は最大の目玉だった早稲田実業の清宮幸太郎が西東京大会決勝で敗れ、同じく左のスラッガーで高校通算62本塁打の履正社・安田尚憲も甲子園不出場。ただ、現時点で上位候補は少ないかもしれないが、"将来の逸材"という視点で見れば、多くの選手がスカウトの目にとまった。

 そこで今回は「プロスカウトが選ぶベストナイン」というかたちで、評価の高かった選手たちを紹介したい。

大会タイ記録となる通算8盗塁をマークした前橋育英の丸山和都 まず投手では、大会ナンバーワンの評価を得たのが、秀岳館(熊本)の左腕・川端健斗だった。175センチと上背はないが、真上から投げ下ろす140キロ台中盤のストレートとスライダーは、高校生が攻略するのは難しい球だ。

「角度があるし、右打者に食い込んでくるカットボール、スライダーもある。真芯で捉えるのは難しいでしょう。春のセンバツでは制球に苦しむ場面もあったけど、この夏はコントロールもよくなった。あとはカーブがあれば最高だね」(パ・リーグ球団スカウトA氏)

「大会のたびに無駄が省かれていって、すごくよくなっている。表情を変えずに投げるのもいいし、チームに『コイツが投げれば大丈夫』という雰囲気もある。スピードとかではなく、数字以外の部分に成長を感じます」(セ・リーグ球団スカウトB氏)