投打で存在感。東邦の「エースで4番」藤嶋健人は投手か、野手か?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 一方で、「藤嶋は打者」と語るスカウトもいる。大ベテランの目利き、広島の苑田聡彦スカウト統括部長だ。

「私はピッチャーより、バッターのほうが、これから成長するんじゃないかなと見ています」

 苑田スカウトは過去に江藤智や栗原健太(現・楽天)といった右の強打者を見出してきたスカウトだけに、その言葉には説得力がある。

「軸がしっかりしているし、テークバックが柔らかく使えるし、スイングの瞬発力もある。変化球にもグッと間(ま)を取って対応できるし、将来的にはいい中距離打者になるんじゃないかと思います」

 ウィークポイントになっている藤嶋の足の速さについては、「ウチのスカウト陣もそれを指摘している」と認めつつ、矯正の可能性は十分あると見ている。

「決して鈍足の走り方ではないので、ちょっとヒザの上げ方を変えたりすれば、少しは速くなる可能性だってありますからね」

 そして苑田スカウトは最後に付け加えるように、「でも、本人が『ピッチャーをやりたい』というのであれば、しょうがないですね」とも言った。

 今のところ、藤嶋本人は「プロを見越して」という意識で野球をやっていない。東邦のエースとして、4番打者として、そして何より主将として、チームを勝利に導くことを最優先している。

 春のセンバツの次なる戦いや続く夏の戦いを通して、藤嶋本人のなかにどんな感情が芽生えてくるのか。いずれにしても、これから秋にかけて藤嶋の周囲では「投手か、打者か」の熱い議論が続いていくのだろう。

●高校野球記事一覧>

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る