2015.05.25

【自転車】ツアー・オブ・ジャパン、TeamUKYOの結果は?

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第58回】

 5月17日から24日にかけて、日本各地を転戦して総合優勝を競うツアー・オブ・ジャパンが行なわれた。TeamUKYOは今年で4度目の挑戦。世界の強豪相手に、TeamUKYOはどのくらい戦えたのか?

(前回コラムはこちら)

強さを見せるイラン勢相手に奮闘したTeamUKYOの土井雪広(中央・黒ジャージ) 毎年、5月中下旬に約1週間のスケジュールで行なわれるツアー・オブ・ジャパンは、秋のジャパンカップと並び、日本で開催される数少ない国際的なレースとして独特のステータスを持つ。ワールドツアーチームプロコンチネンタルチームなど、世界水準の強豪も参加するため、ファンやメディアからの注目度も高い。一方、日本国内を主な舞台として戦うチームや選手たちにとっては、今の自分たちの実力が世界のレベルで見たとき、どのあたりにあるのかを推し量ることができるという意味でも貴重な機会といえるだろう。

 チーム結成以来、毎年このレースに挑戦し続けてきたTeamUKYOは、今年が参戦4回目となる。昨年の2014年大会は個人総合で4位(ホセ・ビセンテ・トリビオ/現マトリックス・パワータグ)、チームとしては総合優勝を逃したものの、トップと19秒25の僅差で2位に終わった。2015年はその結果よりも高いリザルトを目指し、レースに臨んだ。参戦メンバーは、キャプテンの土井雪広を中心に、山本隼、サルバドール・グアルディオラ、パブロ・ウルタスン、オスカル・プジョル、ダニエル・ホワイトハウスという布陣だ。