2015.05.18

【自転車】力量の問われる「ツアー・オブ・ジャパン」開幕

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira  photo by AFLO

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第57回】

 2015年シーズンのTeamUKYOは、開幕から軒並み好成績を収めている。3月のツール・ド・台湾では目標としていたUCIポイントを獲得し、国内ロードレース選手権のJプロツアーでもすでに4勝をマーク。TeamUKYOが次に迎える舞台は、国内最大級のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」だ。最終ステージの5月24日、果たして結果は――。

(前回コラムはこちら)

ピンクのウェアでお馴染みのランプレ・メリダがツアー・オブ・ジャパンに参戦 日本でゴールデンウィークが終わる5月6日から9日にかけて、TeamUKYOの選手たちはインドネシアの「ツール・ド・バニュワンギ・イジェン」に参戦した。国際自転車競技連合(UCI)のアジアツアーではクラス2に分類され、ジャワ島東部を舞台に繰り広げられる4日間のステージレースだ。

 チームが日本国外のレースに参戦するのは、3月の「ツール・ド・台湾」以来、今季2回目となる。参戦メンバーは、畑中勇介、山本隼、湊諒、オスカル・プジョル、ダニエル・ホワイトハウスという布陣。

「畑中君とオスカルは、彼ら本来の調子までコンディショニングを上げてもらうことが大きな目的です。さらに、山本、湊、ダニエルという若手中心のラインアップを組むことで、チームの中でそれぞれが果たすべき役割を実戦でさらに学んでもらいたい――ということを考えて、このメンバーにしました」

 レースに先立ち、チーム監督の片山右京は今回の参戦の狙いをそのように話した。