2015.05.11

【自転車】片山右京が語る「ツアー・オブ・ジャパン」に賭ける思い

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第56回】

 毎年5月になると、日本各地を巡る国内最大級の自転車ロードレースが行なわれる。その名は、「ツアー・オブ・ジャパン」。世界各国の強豪チームが来日するビッグイベントに、今年もTeamUKYOは参戦する。大会前、チームを率いる片山右京が掲げたツアー・オブ・ジャパンでの目標とは――。

(前回コラムはこちら)

Jプロツアーで6戦4勝と圧倒的な強さを発揮している今季のTeamUKYO 来たる日曜日、5月17日から第18回ツアー・オブ・ジャパンが始まる――。

 国際自転車競技連合(UCI)がカテゴリー1に定めるこのステージレースは、日本で行なわれる本格的なサイクルロードレースとして高い人気を誇る。大阪・堺ステージを皮切りに、最終日5月24日の東京まで1週間をかけて争われる。昨年までは全6ステージ(堺・美濃・南信州・富士山・伊豆・東京)で開催されたが、今年は2日目に三重県のいなべステージが加わり、全7ステージとなった。また、来年は京都ステージをカレンダーに組み込むことも、すでに決定している。

 カテゴリー1のレースだけあって、参戦チームも華やかだ。

 ワールドツアーチームからはランプレ・メリダ(本拠地:イタリア)が、プロコンチネンタルチームからはNIPPO・ヴィーニファンティーニ(イタリア)と、ドラパック・プロフェッショナル・サイクリング(オーストラリア)が参戦する。また、コンチネンタルチーム勢もニュージーランド、イラン、台湾、UAEから5チームが参加。地元の日本勢は、ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム、愛三工業レーシングチーム、宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼン、シマノ・レーシングチーム、マトリックス・パワータグ、キナン・サイクリングチーム、日本ナショナルチーム、そしてTeamUKYOというラインアップだ。