"一般組"伊福陽太&"山の名探偵"工藤慎作がチームに活気を注入! 箱根駅伝トップスリー返り咲きへ早稲田大学が春から好調

  • 和田悟志●取材・文・写真 text & photo by Wada Satoshi

早大に活気を与える走りを見せる伊福(左)と工藤 photo by Wada Satoshi早大に活気を与える走りを見せる伊福(左)と工藤 photo by Wada Satoshiこの記事に関連する写真を見る

 早稲田大が春先から、いや新チームとなった直後から調子がいい。他の学生駅伝強豪校に比べて少人数集団ではあるが、個々がトラック、ロードと結果を残し、スクールカラーの臙脂(えんじ)の存在感を発揮している。

 その象徴的な存在が伊福陽太(4年)と工藤慎作(2年)だ。彼らの活躍がチームに活気を与え、エース級のみならず、力のあるルーキーたちにも好影響を与えている。

 今年の早稲田大学は、要注目だ。

【エースとしての地位を築いた山口】

 名門再建を託された花田勝彦駅伝監督が就任し、早稲田大学は3年目のシーズンを迎える。

「チーム全体の流れとして悪くはない」

 新年度を迎える直前に今季の駅伝主将を務める伊藤大志(4年)がこう話していたように、今年の箱根駅伝後は早稲田の選手たちの活躍が目立った。

 その筆頭は大エースに変貌を遂げようとしている山口智規(3年)だ。昨年度は三大学生駅伝ですべて2区を走り、出雲駅伝が区間3位、全日本大学駅伝と箱根駅伝が区間4位と、他校のエース格と渡り合った。特に箱根では8人抜きの快走で、渡辺康幸(現・住友電工陸上競技部監督)が持っていた2区の早大記録を29年ぶりに塗り替えた。

 そして、2月の日本選手権クロスカントリー(クロカン)を制すと、3月の世界クロカンで臙脂(えんじ)のエースはついに世界の舞台に立った。

「2025年の東京世界選手権を目指す」

 かつてはどこか夢物語としてそんな言葉を口にしていたが、今では現実味を伴う。

 駅伝でももちろんチーム目標を成し遂げるために、自分の役割を果たすつもりだ。

「上級生が結果を残せているのと、1年生にも面白い存在が多いので、早稲田の課題である層の薄さが改善できれば、駅伝シーズンも楽しみなチームなんじゃないかと思っています」

 山口が現況をこう説明するように、この冬から春にかけて活躍が目立ったのは山口だけではなかった。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る