2022.07.24

箱根駅伝優勝へ東京国際大が順調な歩み。4年生の多くが経験者、トラックシーズンで新戦力も台頭

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by 千葉 格/アフロ

関東インカレの結果は「まずまず」という丹所健関東インカレの結果は「まずまず」という丹所健 この記事に関連する写真を見る

丹所健「後輩たちにいい背中を見せたい」

 トラックシーズンの締めとなるホクレンディスタンスチャレンジ。昨年出雲駅伝優勝、全日本大学駅伝5位、箱根駅伝総合5位の東京国際大は、収穫と課題が明確になったレースになった。

 主力のひとり、丹所健(4年)は、網走大会で1万mに出場し、序盤から先頭集団に位置し、いいリズムでラップを刻んでいった。外国人選手たちに食らいついていき、28分01秒24の自己ベスト更新。27分台に迫るタイムで関東インカレから調子を戻してきた。

「関東インカレ(1万m)では、29分フラット、28分台が出ればいいって感じだったですけど、28分36秒72が出てまずまずでした。そこからホクレンの大会で27分台を狙って練習をして、いい流れできていたんで、それが結果に結びついたかなと思います。27分は、秋にまた狙っていきます」

 丹所にとっては、久しぶりに手応えのあるレースだった。

 今年の箱根駅伝で3区を走り、東京国際大総合5位に貢献した後、故障した。食べることが好きなため、故障後も食が進み、箱根時に59キロだった体重が67キロまで増えた。「故障してストレスがたまり、陸上から離れたいという気持ちにもなった」と言うが、復帰を見据えて減量を始め、関東インカレでは64キロになった。ホクレンに向けて、さらに体を絞り、今は60キロになった。

「自分の課題は、ほんと、この体重だけ。しっかりと練習をして、体重を落として、整えていけば自然とタイムは出るかなと思っていました」

 見るからに顔がほっそりとして、体も引き締まっている。箱根駅伝の時の体重に戻し、走りに勢いが戻ってきた。

「3年の時、周囲の評価が高くなり、自分も手応えがありました。でも、その1年だけと言われるのは悔しいじゃないですか。4年生でも活躍できるようになりたいので、そのためのホクレンでした。昨年は箱根の3区で区間賞を獲ったけど、区間2位と5秒差だった。それじゃエースとは言えない。今年は、2区を走って、圧倒的な走りをしたいですね。ただ、ケガがあるとスイッチがきれやすいので、そこだけ気をつけていきたいです」

 丹所の復活は、チームにとって非常に大きい。先頭に立つエースが背中を見せることで下級生の意識や競技力が高まる。丹所もそこを意識している。

「夏は4年生として後輩たちにいい背中を見せられるようにして、多くを残していきたい。そうして全体の力を上げていかないと箱根の総合優勝は難しい。まずは、出雲で昨年のような圧倒的な強さを見せて連覇し、そこで自信をつけて全日本を獲りたい。最後の箱根は、笑って終われるようにしたいですね」

 そのために背中でチームを牽引していく覚悟だ。