2022.07.23

箱根駅伝で王座奪還を狙う駒澤大の現状。主力の3年生に不安、スーパールーキーも苦境

  • 佐藤俊●文&写真 text & photo by Sato Shun

ホクレン千歳大会では10位と振るわなかったルーキー佐藤圭汰(中央)ホクレン千歳大会では10位と振るわなかったルーキー佐藤圭汰(中央)

安原太陽と山野力は好走

 トラックシーズンの終わりを告げるホクレンディスタンスチャレンジ網走大会(7月13日)、千歳大会(7月16日)には箱根駅伝の常連校から多くの選手が出場していた。

 そのなかで目を引いたのは、駒澤大の選手たちだ。

 とりわけ安定した走りで復活を印象づけたのが、安原太陽(3年)だった。

 安原は、昨年の出雲駅伝2区3位で大学駅伝デビューを果たすと全日本大学駅伝では6区を駆けて順位を9位から4位に押し上げてエースの田澤廉につなぎ、逆転優勝のキッカケを作った。

「駅伝を外さない自信があります」と自ら語るように、安定してコンスタントに力を発揮できるのが持ち味。指揮官にとっては、どの区間でも計算できる重要な選手になった。

 今年の箱根駅伝でも安定した走りで襷を後続につないでくれるだろうという期待のなか、安原は区間発表で補欠に回り、当日変更で3区に投入された。1区唐澤拓海(当時2年)、2区田澤廉(当時3年)とつなぎ、安原でリードを広げる、あるいは差を詰めるという重要な役割を担ったのである。

 エース田澤がトップを走り2位の青学大に1分2秒差をつけるという理想的な展開になり、往路優勝への流れが見えていた。ところが安原は茅ヶ崎ポイントで青学大の太田蒼生(当時1年)や東京国際大の丹所健(当時3年)に抜かれ、チームは5位に転落、"外さない男"は区間16位に終わったのである。

「出雲や全日本とは注目度がまったく違う箱根で失敗してしまった。終わってからのダメージがかなり大きかったです」

 箱根で失敗した心の傷は深かった。その後、自分の状態を上げて取り戻していきたいと感じたが、その思いが先行するだけで体はついていかず、トラックシーズンもここまで結果を出せずにいた。

「箱根以降は、なんとか自分の調子を上げていかないといけないという焦りが大きくて、でも空振りみたいな感じが続いて......。今日は涼しいなか、実業団の選手のみなさんに引っ張っていただいて、いい流れでレースができたと思いますし、自己ベストが出て、ようやく狙いどおりの自分らしい走りができたと思います」

 安原は、そういって安堵の表情を浮かべた。

 網走大会の男子5000mでは先頭集団から離れず、いい位置をキープ、後半も崩れることなく走り抜け、13分37秒01で日本人3位、自己ベストを更新した。

「ここでひとつタイムが出たので夏合宿に向けていい流れで入れるかなと思います。昨年は、駅伝でひとつでも区間賞を獲るのを目標にやってきたんですけど、空振りと失敗で終わってしまった。まだ、箱根は怖いという感覚があるのですが、夏合宿では強い先輩たちに食らいついて、今年は駅伝でしっかりと結果を残していきたいと思います」

 まだ、箱根の傷が癒えたわけではないが、自己ベストを更新できたことで、モヤモヤしていたものが晴れてきたはずだ。夏合宿をケガなくこなせれば、安定感に強さが増してくるだろうし、箱根でリベンジするチャンスも得られるはずだ。

 山野力(4年)も今回、5000mで昨年の網走大会で出した自己ベストを更新した。

「直前まで合宿をやっていたので疲労があるなか、最低限、自己ベストでまとめられてよかったです。トラックシーズン全体で言うと、関東インカレのハーフは暑くて、苦手なコンディションのなか、なんとか3位以内に入りたかったんですけど、できなかった。その悔しさがありましたし、それを晴らそうと今回、臨みました。ここで自己ベストを出せたのはうれしかったですし、昨年よりも成長しているということ。このまま故障だけに気をつけて練習を継続していきたいと思います」

 過去3年よりも調子がよいようで、自然と笑みがこぼれてくる。だが、チーム全体の話になると、表情が少し厳しくなった。