2022.07.19

女子マラソン松田瑞生、予定外の孤独な戦いとなるも「万全なら戦えた」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Naoki Nishimura/AFLO SPORT

 7月18日の早朝にスタートした世界陸上選手権女子マラソン。日本チームは新型コロナウイルスのPCR検査で一山麻緒(資生堂)が陽性になったのに続き、翌日には新谷仁美(積水化学)も陽性反応が出てレースを急遽欠場。出場は松田瑞生(ダイハツ)のみになるという、想定外の状況になった。

自分の走りをできなかった悔しさでゴール後、涙があふれた松田瑞生自分の走りをできなかった悔しさでゴール後、涙があふれた松田瑞生 「出られなかった選手の悔しさというのは私が一番わかっているので、そのすべての選手の気持ちを背負って走りました。新谷さんとは連絡はしてないが、(陽性になってしまった)横田真人コーチから山中美和子コーチには『ごめんな』という連絡があったと聞いています」

 レース後どんな思いを持って走っていたかを明かした松田だが、スタートラインに立った時は不安があったという。

 山中コーチは松田の抱えていた不安についてこう話す。

「(世界陸上前の)合宿の後半に疲労が出てしまったので、本人としては納得できないトレーニングだったと思う。私のなかでは休んだ時間で疲労を抜き、マラソンに向けてはいい調整になったのではないかと思ったけれど、彼女の場合は今まで、走り込んでレースに挑んでいたので不安が大きかったかなと思います」

 優勝タイムが大会新記録(2時間05分36秒)だった前日の男子は、スタート時の気温は13度だったが、この日はさらに低い10度という好コンディション。そのなかでスタートしたレースは、最初からケニア3選手とエチオピア3選手が前に出て、集団走のように積極的に引っ張り出す想定外の展開。最初の5kmは16分10秒と2時間16分台も狙えるペースで、中間点通過は1時間09分01秒と序盤からスピードレースになった。

 そのなかで松田は、2kmを過ぎた時点で先頭集団から遅れ始めた。山中コーチの「最初からハイペースになってしまったので、それに対応しようとして身体を必死に動かしている感じがあって、ちょっと心配していた」という危惧が出てしまった。さらに3km手前からは第2集団を形成した6人のグループからも遅れ、5kmは16分43秒通過で17位。集団ではなく単独で走る、苦しい形になってしまった。

「不安がないといえば嘘になりますが、もうそれが自分の実力と認めていたし、どんなレースになっても後悔はないと思い、覚悟を持ってスタートラインに立ちました」と話す松田。それでもスタート前には「どんな展開になってもそれに対応していきたい」と決意していただけに、2km過ぎからの集団離脱は大ショックだった。「本当に自分の力がないなと感じた」と話す。