2022.07.17

初マラソンで厳しい洗礼も前年120位から3位に。「外さない男」細谷恭平が転機を語る

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by 日刊スポーツ/アフロ

2024年パリ五輪のマラソン日本代表の座を狙う、箱根駅伝に出場した選手たちへのインタビュー。当時のエピソードやパリ五輪に向けての意気込み、"箱根"での経験が今の走り、人生にどう影響を与えているのかを聞いていく。

※  ※  ※  ※

パリ五輪を目指す、元・箱根駅伝の選手たち
~HAKONE to PARIS~
第4回・細谷恭平(中央学院大―黒崎播磨)後編
前編はこちら>>箱根5区で好走も「山の神になりたいとかはなかった」

2021年のびわ湖毎日マラソンで自己ベストを出した細谷恭平2021年のびわ湖毎日マラソンで自己ベストを出した細谷恭平 この記事に関連する写真を見る

 中央学院大学では3度、箱根駅伝を走り、すべて区間3位と結果を出した。

 その後、関東を離れ、北九州市にある黒崎播磨に2019年に入社した。九州にある実業団を選択したのには理由があった。

「実業団を選ぶ際、チームの雰囲気とか練習内容を重視していたんですが、今回は場所も重要でした。僕は寒いのが苦手なんです。最初は(高校、大学の先輩である)海老澤剛さんがいるYKKが候補に挙がったんですけど富山なので寒いですし、環境的に断念しました。他にもいくつか声をかけていただいたんですが、縁があって渋谷(明憲)監督と直接お話しをさせていただき、環境もよかった。(中央学院大の)川崎(勇二)監督も推してくださって、最終的に黒崎播磨に決めました」

 卒業する際、川崎監督からは「渋谷監督は厳しい人だぞ。お前、大丈夫か。やっていけるのか?」とネタのように言われた。人生初、単身で北九州に乗り込んでいくことになったが不思議と不安はなかった。

 黒崎播磨では4月、渋谷監督との面談で、年間の目標を決めることになっている。入社時、細谷はその面談のなかで「マラソンをやりたいです」と伝えると「1年目からすぐに始めるのではなく、段階的に進めよう」とマラソンへの挑戦を認めてくれた。ちなみに初年度の細谷の目標は「5000m13分台、1万mは28分台」に決まった。

「大学時代はケガが多くて、全然やりきっていなかったので、1年目はすごく新鮮なことが多くて楽しかったですね。トラックでは目標タイムをクリアして、夏合宿も消化して、2019年のニューイヤー駅伝は5区で初めて出走(8位)しましたし、続いて大阪ハーフ(4位)、全日本実業団ハーフ(8位)と入賞できて、自分の成長が感じられる1年目でした」