2022.06.06

女子100mの星・青山華依が明かす、陸上にハマったきっかけ。「団体競技は苦手でした」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 弓庭保夫●撮影 photo by Yuba Yasuo

陸上女子短距離界のホープ、青山華依(甲南大)。指導している伊東浩司コーチ(100m、200m元日本記録保持者)も「日本記録まで行く可能性はある」とその実力に太鼓判を押す。シーズンインし、全国各地でレースが続くなか、練習拠点である神戸市・甲南大学で話を聞いた。インタビュー後編では、陸上をはじめたきっかけや甲南大を選んだ理由、理想とする選手などについて聞いていく。

青山華依インタビュー・後編
前編はこちら>>東京五輪では「8番の人が出る」と言われ、日本選手権でのリベンジを目指す

子どもの頃は新体操やバレエ、スケートをしていたという青山華依(甲南大)子どもの頃は新体操やバレエ、スケートをしていたという青山華依(甲南大) この記事に関連する写真を見る

最初は「全国大会があるということすら知らなかった」

 青山華依(甲南大)の父、正一さんは、大阪高校時代に4×100mリレーの2走としてインターハイで優勝。そして走り高跳びの選手だった母の尚美さん(旧姓・坂野)は、2000年シドニー五輪出場の太田陽子や今井美希と同世代で、大垣商業高校2年でインターハイ優勝という実績を持つ、陸上一家育ち。「インターハイで1位を獲ってないのでまだ両親には負けているけど、五輪に出て親たちを超えられただろうからいいんじゃないでしょうか」と、笑顔を見せる。

 青山が陸上を始めたのは小学5年の時。父が見つけてきた陸上のクラブチームに体験というかたちで入ったのがきっかけだった。

「最初は別に陸上が好きだというわけではなかったけど、一緒にやっている子たちと練習をしたり遊んだりするのが楽しかったんです。小学校も地元ではなく、少し離れた学校に通っていたので、近所には友達があまりいなくて。土日の陸上クラブで友達と遊ぶことくらいしかなかったから、行くのが楽しくて続けていたという感じです」

 元々体を動かすのは好きで、3歳から母親と一緒に新体操とバレエを習いに行っていた。「バレエではアンパンマンの歌で踊ったりしていた」と言うが、小学校に行き出すと授業との両立が苦になって辞めた。その後は家の近所のスケート教室にも行って楽しんで滑っていたが、中学からは陸上に集中するようになりスケートも行かなくなった。

「最初は本当に楽しいからやっていただけだったけど、中2の時に地域大会の200m走で上位になって自信がついたというか、面白いなと思って。それで大阪の中学の合宿に行ったら、中3で記録も伸びたので。そこからちゃんと陸上を始めた感じです。でも当時は五輪などを見てもウサイン・ボルト選手に注目していたくらいで、女子は見てなくて。その頃は自分がずっと陸上をやるとも思ってなかったし、こんなに楽しいものだとは知らなかったんです。

 ただ中学だと友達が増える時期だったから、試合で一緒に走った他校の子とも仲よくなれるのが楽しくて。その頃は大阪の試合だけで全国大会があるということすら知らなかったので、中3で全国中学(全中)に出られた時はびっくりしました」

 陸上が好きになった大きな理由は、人と競争することが楽しかったのと、走り終わったあとには競い合った人たちと仲よくなれることだった。

「私はひとりっ子でけっこう自分中心だったからかもしれないけど、団体競技は苦手でしたね。多分、ずっと他の人と一緒にいるというのが無理なタイプみたいで(笑)。みんなと一緒に楽しめて、自分ひとりでも楽しめるというのが好きなんです。陸上だとリレーが唯一団体種目だけど、4人で一緒にチーム行動ができるところもいいかなと思っていました。

 大学に入ってからは、陸上部の子たちと授業も違ったりするのでひとりで行動することが多くなり、昼ごはんも練習前や午前練習のあとにひとりで行っているんです。以前は行けたのはスープ屋さんくらいだったけど、最近はみんなが普通に行く定食屋さんにもひとりで行けるようになりました。これからやってみたいのは、頑張ってひとりで焼き肉に行くことですね。自分でいろんなメニューを選んで食べてみたいんです」

 チームメイトと一緒に行動することが多かった高校時代と違い、自由に使える時間が増えたなかで単独で行動するのも、彼女流の気分転換のひとつなのだ。

 伊東コーチは「陸上に関しては真面目で、体のケアもしっかりやっている」と言う。だからこそなのか、本人は「考えすぎると迷ってしまうので、練習とか試合を見に行っている時以外は陸上のことはあまり考えないようにしています。学生個人のレース前もスタートの姿勢に納得がいかず、ずっと迷ってしまって。自分で『これっ』というのがまだわかっていないので、あんまり考えないようにしているんです」とも話す。