2022.01.20

東大理三に現役合格のちインカレ優勝の内山咲良。「誰もやったことがないことをしてみせたい」と励んだ文武両道

  • 宮部保範●取材・文 text by Miyabe Yasunori
  • photo by Kyodo News

文武両道の裏側 第6回
内山咲良(東京大学) 前編

陸上女子三段跳の内山咲良選手。現在、東京大学医学部6年生陸上女子三段跳の内山咲良選手。現在、東京大学医学部6年生  東京大にひとりのジャンパーがいる。内山咲良、現在医学部6年生だ。昨年9月の日本学生陸上競技対校選手権(インカレ)女子三段跳を制した才媛だ。彼女は今、2月の医師国家試験合格と、3度目となる6月の日本選手権出場を見据え、日夜、トレーニングと勉学にいそしんでいる。

 神奈川県出身の内山は、筑波大学附属中・同高(東京都文京区)を経て、東京大理科三類に現役で合格した。国内最難関と言われる熾烈な受験に挑みながらも、中学時代に都中学通信の女子走幅跳で入賞し、高校3年の時には同種目で全国高校総体(インターハイ)出場を果たしている。

 指折りの国立進学校から最高学府へと進んだ今も、内山はスポーツと学業の両方でトップを走り続けている。連載企画「文武両道の裏側」第6回は、文と武の頂点を極める彼女の真髄に迫ってみたい。

* * *

【文武両道は「ピンとこない」】

ーー昨年のインカレ女子三段跳の優勝は、東大女子選手として初の快挙でした。まさに「文武両道の鑑」だと思います。実際そのように言われることについてどのように感じていますか?

内山咲良(以下、内山) 自分のなかでは文武両道というほどでもないというか、もっと頑張っている人はいっぱいいると思っちゃうんですよ。自分がそうなのか、なかなかピンとこないです。はたして、どちらも極めているんだろうかって。たしかに陸上は頑張ったけれど、とくに勉強のほうは極めているのだろうかみたいな気持ちになったりして、複雑ではあります。

 一方で、私にとっては陸上も学業もすごく大事なものではあります。どちらかを先送りにすることなくここまできているところを文武両道って呼んでもらえるのは、ありがたいと受け取っていいのかなって。そういうふうに最近、整理されている感じですね。