2017.10.29

「福岡国際を日本記録で走れば…」。
夏場に追い込んだ神野大地の自信

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun

神野プロジェクト Road to 2020(7)

(前回の記事はこちら>)

 富津合宿2日目、深夜から土砂降りの雨が続き、朝になっても強い雨足が止まらない。しかも、ちょっと蒸すようなコンディションだ。

「筋肉痛で史上最悪のコンディション。しかも土砂降りでテンションが上がらない」

 神野大地はそうつぶやき、ワゴン車に乗り込み、郡(こおり)ダム付近に移動した。

 今日は42.195kmを走る。郡ダム周辺は1周5.6kmで、コニカミノルタの磯松大輔監督曰く「きつい登りが2カ所あり、起伏に富んでいる」コースだ。

富津合宿で走りこんだ神野大地

 到着して30分ほどアップをする。雨は止んだが、湿度が高い。田んぼの用水路の水があふれんばかりの勢いで流れている。タイムは1km3分30秒程度、ハムストリングス、腰、臀部に筋肉痛があるなか、前傾姿勢を保ち、どのくらい走れるのか。

 10時40分、神野がスタートした。

 1周、2周、3周ぐらいまでは余裕があったが、4周目から後半はレイヤートレーニングでの筋肉痛の影響もあるのだろう、動きがちょっとぎこちない。疲労で動かない筋肉を必死に使って走っている感じだ。表情も70kmを走った時よりも苦しそうだ。それでも40kmを通過し、神野は残り2.195kmを走り切って戻ってきた。

「キツかったぁー。ハムストリングスが筋肉痛で疲労して痛いので、坂を上り始めたら固まって動かなくなるんですよ。でも、もがいてなんとか登り切ることができました。トータルでは平均3分28秒でいけたので、まぁよかったと思います。